tanabataちょっと前ですが,七夕の頃,名古屋駅のホテルで待ち合わせがあり,ロビーを見渡すと,きれいな七夕飾りがありました。隣には様々な色の短冊とペンが置いてあり,自由に書き込んで自分で笹に結びつけていくという仕組み。他人のプライバシーを覗くようで躊躇しましたが,他人に見てもらうことを承知済みの公開情報だから問題ない。ということで,少し拝見させていただくことに。

健康のこと,お金のこと,恋愛のこと,受験のこと,友人や家族を思うもの。いくつか見ているうちに,これは分類ができることに気がついた。①お金で買えること・買えないこと。②自分のこと・他人のこと。等々。なかなか興味深い。
そして七夕飾りが,煩悩の集合体に見えてきた頃,よく似た集合体がどこか他にもあることを思い出すことになりました。そう,神社の絵馬と比較してみると面白いかもしれません。少なくとも絵馬は無料じゃないので,有料でお願いする内容と,無料のお願いの内容には,どんな差が出るのでしょうか。
もう一つは,クリスマスツリー。そこには,まだサンタクロースを信じていることにしている,子供の煩悩が見え隠れする時もありますね。

「流れ星に3回お願い事を言うと,願い事が叶う。」というお話しがあります。はっきりとお願い事を決めている人は,いつも想っているので,とっさの時にもすぐに言えます。いつも想っているから叶う可能性があります。まだ,お願い事が決まってないと,神様も困ってしまうのかもしれませんね。